DSpace
 

Meiji Repository >
020 紀要 = Bulletin >
180 情報コミュニケーション学部 = School of Information and Communication >
情報コミュニケーション学研究 >
第18号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10291/19285

タイトル: 存在論的恐怖が達成事象の主観的時間的距離に及ぼす影響 -自己高揚と一貫性希求の比較検討-
著者: 脇本,竜太郎
誌名: 情報コミュニケーション学研究
巻: 18
開始ページ: 131
終了ページ: 144
ISSN: 1349-8223
発行日: 31-Mar-2018
OPACbibid: http://opac.lib.meiji.ac.jp/webopac/ctlsrh.do?listcnt=5&maxcnt=100&bibid=SB00040082
URI: http://hdl.handle.net/10291/19285
出現コレクション:第18号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
johokomyunikeshon_18_131.pdf1.15 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください   Meiji Repositoryに関するお問い合わせは rep@lib.meiji.ac.jp まで