学術成果の登録手続

登録できる方

  • 明治大学に在籍する、又は在籍したことのある教職員及び教員が推薦する学生
  • 明治大学に在籍する、又は在籍したことのある教職員及び教員が推薦する学生と共同研究を行った者
  • 図書館長が認めた者

登録対象

  • 学術論文(学術雑誌論文、紀要論文、プレプリント、学会発表論文等)
  • 学位論文(博士論文、要旨集)
  • 教育資料(講義資料、講演資料、歴史的資料)
  • 報告資料(学術報告書、科学研究費補助金研究成果報告書、COE・GP報告書等)
  • その他公開可能な教育・研究成果

学術成果の登録手順 ~登録から公開まで~

手続きは簡単です。以下のStep でご登録ください。

※【Step1】【Step2】【Step3】は著者の方の作業、【Step4】は図書館での作業となります。

  1. 【Step1】 明治大学学術成果リポジトリ運用指針のご確認

    登録する前に「明治大学学術成果リポジトリ運用指針」をお読みください。

  2. 【Step2】明治大学学術成果リポジトリ登録・公開許諾書のご記入

    明治大学学術成果リポジトリ登録・公開許諾書」に必要事項をご記入ください。
    学内出版物(紀要類)に掲載された学術成果については、図書館から許諾書を送らせていただきます。
    ご記入の際には、運用指針中の著作権に関わる事項(共著者への許諾、引用図版・写真の公開許諾等)をご確認ください。

  3. 【Step3】 許諾書と学術成果をご提出ください

    ・公開許諾書の郵送(学内便含む)

    ・学術成果の提出

    学術成果が電子化(pdfファイルやWordのようなパソコン等で表示できる形態のもの)されている場合「電子メール(rep@lib.meiji.ac.jp)の添付ファイルによる送信」、または「記録メディアの郵送(学内便含む)」。
    学術成果が電子化されていない場合紙媒体をお送りください。冊子は裁断して電子化しますので、返却が必要な場合はお知らせください。
    学術成果が学術雑誌・学会誌等に掲載された論文の場合公開されている出版社版の登録が認められていないことが多いので、著者最終原稿の電子ファイルをご用意ください。 学内出版物(紀要類)については、図書館で入手できますので、学術成果の提出は不要です。

  4. 【Step4】 著作権の確認、学術成果物に対する目録(メタデータ)の作成、リポジトリへの登録

    著作権の確認、学術成果物に対する目録(メタデータ)の作成、リポジトリへの登録は、図書館で行います。登録の際に図書館から著者の方に問い合わせをする場合があります。
    ※著者自らリポジトリの登録まで全て行えるシステムを作成し、公開する予定です。
  5. 【Step5】 リポジトリへの登録完了

    これでリポジトリへの登録が完了です。学術成果が全世界に公開されます。 ご不明な点がございましたら、問い合わせ先にご連絡ください。

申請書

ページの上部へ